●くうそうあそぶ●-食走想遊ー

書きたくなった時、そのとき書きたいことなんでも。

【出】10/9㊋ 術後46日

10/9㊋ 術後46日

暇つぶし手仕事せっと。

https://www.instagram.com/p/Bos1cGSgFg4/

 

 

 術後46日

2階への上り下り、試行錯誤で1日2往復。

天気の良い日は、2階にある6か所の窓を全部開放したいし、

ここへ来てから最近までは、ずっとそうしてきた。

亡くなった母が、窓を開けて風を通すこと、

毎日布団を干すことが大好きで、

自分もそんなことがとても心地よく気持ちがよい。

 

夫は朝の光が苦手で、とけるぅ、と、呟。

カーテンを閉めたまま、そのままそっとしておきたいらしい。

窓を開けていってね、と伝えると、だいたいの窓は開けたよ、と、夫。

だいたい。。。。なるほど、と、一応納得する。

そんなことで、彼が出かけた後、2階へとあがる。

 

 

右足と両手を使い、上り階段に対して背を向ける。

階段に座り両手と右足だけでのぼる。

鉄骨階段の空間に松葉杖を引っ掛け、自分と一緒に移動。

2階へつくと、右足だけで立ち上がらなければならない、

これがまた結構な筋トレ。

右足は強く逞しく、左足はどんどん細く。

可動域トレーニング+軽い筋トレ、立つ、歩くことの大切さを、痛感。

そんなことで今朝も、夫が出かけた後、2階へ。

あぁ、またあそこの奥が閉まっている、1/3しか開いていない、

奥の窓全閉、カーテンまでしまっている、と、すべてを開け放つ。

これでも彼的にはおそらく必死で窓を開けているのだろう。

溶けてしまわぬように。

 

 

そして夕方、また両手と右足で1往復。

今度は窓をすべて閉める、そんな毎日。

夫よ、毎朝、苦手な窓開け、ありがとう。

 

 

築地中央卸売市場で働いていたこと。

築地移転でターレ移動動画をみる、おぉ、ターレ、懐。

www.fnn.jp

w衛星放送で25歳まで働き、その後、オーストラリア旅行3か月。

グレイハウンドのバスで移動しつつ、戻ってから、

目白にある、パズル制作スタジオでバイトをしている頃、

マウンテンバイクに乗るのが楽しくて、

午前中で仕事が終わる築地卸売市場で働きだした。

 

朝4時に豊島区の実家から自転車で築地まで。

5時から11時すぎぐらまで仕事、また自転車で帰宅、そして練習。

         マウンテンバイク時代   若かった。。。

f:id:Wayofalongtrip:20181009151118j:plain

 

マウンテンバイクの練習がしたいからと働きはじめた築地は、

それはもう魅力的で恐いけれど楽しい場所だった。

働いていた場内鮨だね卸、親族経営、長男から末っこまで男6人女1人+次男の嫁。

会計をする帳場に入り、売り子が声で通す値段をメモ書きして計算。

専門用語が入交、山手線ラッシュ時ぐらいに混雑してくると、

売り子の声もどんどん速くなる。

玉10、生貝250、→赤貝10個、アワビ250㌘など。

そんなことが最初からできるわけもなく、

忙しすぎて教えてもらえる暇もなく、教育係の末っ子女性はとても意地悪だった。

 

なんで教えてないんだぁ、と、長男会長。

おしえてるだろぉ、おしえてるのになんでできないんだ、と、末っこ女性。

随分と怒られたけれど、

そんな教えようともしない教え方でできるわけない、と、何も感じない。

けれど悔しいので、人のやり方をみて、全部自分で、覚。

 

メモ書き、計算の仕方、茶屋札の書き方、閉めの計算、支払いなどなど。

会計までの流れができるようになった自分をみて、

あれ、おれ、教えたっけ、教えてないだろ、なんでできるの、と、教育係末っ子女性。

やはり彼女は意地が悪かったのだ。

 

それでも築地は楽しかった、なぁ。

自分に一番あっていた仕事だとおもえる。

いし、は、よぉ、→あなたはね、

うっちゃっちまえ、→すててしまえ、

はんかくせ→小生意気、などの浦安弁。

 

同じ場内の火事で仲卸数件が燃え尽きても、翌々日からは仕事を再開する力強さ。

仕事途中にでてくる、白飯だけのおにぎり。

生貝(アワビ)の重さを誤魔化しているお客さん。

何かっていうと下ネタで盛り上がっている売り子とお客さん。

お客さんのお店で御馳走になり、カラオケへ行ったりなどなど。

そしてターレ

くるくると、360度好きな場所に回転、

早朝の築地、ターレーと荷車の喧嘩、

交通法規なんてまるで無視、場外一方通行を逆走するターレー。

その日、ターレーに乗れるか、荷車作業になるか、は、

荷物運び男性にとってかなり重要でもあったらしい。

当時彼らは、17500円もらっていた。

自分もいつか乗ってみたかったターレ

 

マウンテンバイクで通勤、長靴をはいて、築地場内で仕事をしていたのはたった2年。

 

 

けれど、懐かしいっす。

築地移転、で、こんなことを、おもいだした。