●くうそうあそぶ●-食走想遊ー

書きたくなった時、そのとき書きたいことなんでも。

【出】4/29(土) 休日、湘南ゴールド、引っ越し挨拶

4/29(土) 休日、湘南ゴールド、引っ越し挨拶

 

半額・湘南ゴールド、皮を煮て、パウンドケーキ用。

https://www.instagram.com/p/BTiy0gNlKPw/

 

休日、掃除洗濯、読書、などなど。

煮ておいた湘南ゴールドの皮をいれ、

ココアパウンドケーキとプレーンパウンドを、焼く。

自分的には〇。

他の人の好みかどうかは、わからない。

完成パウンドの画像撮影、忘れる。

 

午前中、ピンポーンと、

アパート下に引越しされてきた男性が挨拶にきてくださる。

 

引越し挨拶は当たり前と思っているけれど、

実際挨拶する人はいないので、

珍しくなんだか、まだそういう方もいらっしゃるのだなぁ、と、想。

そんなことを思っていたら、引っ越し挨拶繋りから、ある男性のことを思い出した。

 

自分が20代の頃住んでいた都内にある実家マンション。

その同じ階に引っ越しされたきた50代男性、

 

小柄で静かで1人暮らし、自転車でどこかへと出かけていく。

大工さんらしいわよ、と、その頃生きていた、母。

 

そうなんだぁ、と、おもいつつも、意識していたわけではない。

たまに廊下であって、挨拶をする程度だった、が、

ある日、バイクに乗っているんですねぇ、すごいなぁ、いいなぁ、と、

とても穏やかに優しく話しかけられた。

 

その頃、自分のことだけで精一杯だった自分は、

話しかけられたことに驚いて、えぇ、まぁ、そうなんです、

ぐらいのことをかえしたと、想。

それから少したって、作業中にケガをされたらしく、

別の場所へと引越しをされていった。

なぜだか、その男性のことが思い出されて仕方ない。

 

もう少しきちんと丁寧に話をすべきだったと、

自分勝手だけれど、今になって、強想。

  

今日、挨拶にいらした男性とあの時の男性、

引越し挨拶にいらしてくれた時の雰囲気が、

なんだか似ているように感じたからなのかもしれない。

よくわからない、けれど、そんなことを、思い出している、土曜日。