●くうそうあそぶ●-食走想遊ー

書きたくなった時、そのとき書きたいことなんでも。

【出】4/15(土) 休日、移住計画確認3・給水管分岐

4/15(土) 休日、移住計画確認3・給水管分岐

 

〇 休日

〇水道分岐のお願いへ行く。

購入希望地周辺

・左2軒→不在

・右→男性と雄猫1匹

 水道は自分たちで引いてきた、数軒でわけている。

 水圧は高いわけではないが、使うのであれば分岐できますとのこと。

 

 その後、この男性宅と隣接している、産業廃棄物作業場につていの話。

 平成元年頃、右隣2軒が所有していた田んぼ、後継者もいないのだからと、

 町内会長の声かけで、右隣2軒が業者に土地を売却。

 その後、こんな作業場になることがわかり、騒音問題にしようとしたが、

 自分1人なのでどうにもならない、業者から電話があり、

 日曜祭日ぐらいは静かにしてくれと頼むと、静かにやりますからと、

 返答があったが、静かになる様子はない。

 業者が来る前は、鳥の声、夏は蝉の声で目が覚める静かな場所だった、

 町内会長、隣人、行政は、業者からお金をもらっているのだろうと、。

 購入希望地はここから離れた上になるため、騒音も緩和されているが、

 隣接するこの男性の状況を考えると、切ない。

 

・↑男性から伺い、道路先にある他1軒へ。

 年配男性、以前はその給水管を使っていたが、

 いつだか市から公共給水の工事をしたので、

 現在は私設給水管を使っていないとのこと。 

 その他、購入希望地の事を伝えると、へぇあそこぉ、家、建てられるのぉ、と、

 かつてはその山の所有者だったとのこと。

 

・最初に伺った左2軒へ再度訪問。

 庭先にいた男性に話をすると、こちらも公共給水管工事をしたとのこと。

 この男性宅が、業者に土地を売却したらしい。

 

そんなことで、現在施設給水管を使用しているのは、

作業場に隣接する男性宅だけということがわかった。

この男性からは了解を得られているので、

給水管分岐工事の見積もりを水道工事業者へ依頼する。

 

〇明日は練習へ行く、1週あいてしまったので、絶対練習へ行く。