●くうそうあそぶ●-食走想遊ー

書きたくなった時、そのとき書きたいことなんでも。

【出】11/19(土) 霧降高原前、父母お墓参り、日光珈琲・日光御用邸通

11/19(土) 霧降高原前、父母お墓参り、日光珈琲御用邸通店

 父母のお墓参り。

https://www.instagram.com/p/BNIkhIbhoQK/

20161119

 

 入谷まで首都高、そこから4号で宇都宮、

途中道の駅で休憩しつつ、宇都宮で父母のお墓参り。

自分勝手で随分とご無沙汰、

お墓の前に立つと、悲しいのではなく感謝の気持ちで、自然と涙がでてくる、

 

自分が30歳になる頃、父が癌で亡くなる、それまで、何でも自由に好きなことをさせてもらった。

20代、仕事の休みを利用して、ユースホステルで短期バイトをしながらバイクで日本各地を走ったり、

キャンプ場に泊まったり、オーストラリアを1か月半バス旅行したりなどなどと、

両親にはいつも事後報告だった。

父は無関心というほど何も言わず、母は絶対に自分を否定しなかった。

自分にとってそんな人たちは、彼らしか、いない。

 

父が癌とわかる少し前、夏は北海道⇔冬は沖縄と、

バイクで移動しながら季節労働をしようと決めていた。

北海道での仕事先も決めて出かけようとしているとき、

父の癌がわかり、母からはじめて、出かけないで、と言われる。

 

どんな家庭にもいろいろ事情があるように、家にもいろいろと事情があり、

父には「もう一つの家」があった。

母は黙認していたけれど、情緒不安定でいつも父の悪口を話していた、

そんな彼女も自分が高校生の時、父ではない男性と「恋」をするようになった、

自分は父をずっと「悪い人」だときかされてきた、

だから、母とその男性との関係も父の責任だと感じていたし、

父と会話をすることもほとんどなかった。

 

なので、母から「出かけないで」という言葉の意味が理解できず、

彼女の言葉に、非常識だけれど、驚いた。

それから、仕事を辞め、父がなくなるまで母のそばにいた。

父が亡くなった後、とてもきれいだった母はあっという間に年をとり、

64歳で亡くなった。

 

今想うと、ぜんぶすべてが、懐かしい。

この両親に生まれてきて良かったと、今の自分があることに、

とても遅すぎるのだけれど、今になって、本当に素直に感謝できるようになった。

 

父の実家が栃木なので、日光にはそれなりに思い出がある。

食べることが大好きな父は、金谷ホテルに隣接するステーキハウスがお気に入りだった。

お墓参りをした後、両親が車に同乗しているような気持ちになり、

日光街道をゆっくりと走る、パパ、ママ、日光だよ、と、自己満足に、想、笑。

 

そんなことで、金谷ホテルに立ち寄りたいと想っていたのだけれど、

その周辺がとても混雑、現実的状況から判断、結局以前から気になっていた、日光珈琲・御用邸通。

以前はお米屋さんだった建物を改築、以下個人的感想。

雰囲気はよいけれど、少しお洒落すぎるような感じ、

そば粉のガレット+水出しアイスコーヒー+栗のタルトをいただく

お味は先日のオクシモロンのが好み。

https://www.instagram.com/p/BM_BymjjF89/

 

https://www.instagram.com/p/BM-XVW-jJPX/

https://www.instagram.com/p/BM_BdmKjlYr/