読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

●くうそうあそぶ●-食走想遊ー

書きたくなった時、そのとき書きたいことなんでも。

【出】4/2(土)・3(日) 真壁へ行ってきます。

4/2(土)・3(日) 真壁へ行ってきます。

週末河原練習はお休みいたします、

次回、またどうぞよろしくお願いいたします。

  

トランポ朝ごはん。

f:id:Wayofalongtrip:20160402222408j:image

 

まごころ亭かまやさんのナポリタン。

f:id:Wayofalongtrip:20160402222429j:image

 

●2日 1人練習。

復習、段差、二度吹かすアクセル、石を連続してこえる

●3日 亮さんスクール

真壁2周・真壁斜面にできたのぼりから上へ、

走ったことのない場所をついていく、自分にとってはそれなりに難しく緊張するが、

それよりも楽しい気持ちが多い。自分なりの真壁の石、段差、高低差。

前回の復習セクション

新しいセクション

のぼり練習

全日本7セクの場所でとても簡単にしたセクション

フロントアップから段差越え練習

【反省・課題】

前回一番最初のセクション⇒左ターンからのぼりで丸太で左ターンでアウト

左ターンからのぼりが苦手、その先に続かない

連続する石、走れるようになってきた、

途中の大きな段差、アンダーガードがあたらないよう、

リアタイヤが通過するまでアクセルあける

のぼりでのアクセル、半クラを使いもっと強く

7セク超簡単アレンジセクション・石ののぼり、アクセルを一定にバイクの先・上に身体がくるように走る、

段差で右ターンのぼり、きちんとラインを決めて適切なフォームでアクセルをあけていく。

 

身体の前後の動き

アクセル

クラッチを切り膝を使いステップの後ろ、

あやつり人形のように斜め上、

きちんとステップでこのカタチができると自然とフロントが上がるので、

自分のフトコロからバイクを送り出す。

踏ん張る、ということができない、

踏ん張るが課題だったので、ここに今自分なりの答えがあると想。

 

最後、Kさんが一歩リードしましたね~と、亮さん。

ストレートで飾りのない的確な言葉と気張りない人への思いやり、

楽しみながら練習をつづけること。