読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

●くうそうあそぶ●-食走想遊ー

書きたくなった時、そのとき書きたいことなんでも。

【出】2/17(水) 夫・成田、尚ちゃんと大船・茶るら

2/17(水) 夫・成田、尚ちゃんと大船・茶るら

 

https://www.instagram.com/p/BB4vw0GzBoH/

 

夫、成田へ、

朝、おこしてくれるぅ~という昼夜逆転現象俊足Wさん、

モーニングコールをしても応答がないと、千鳥町から連絡をしてくる、夫。

だから言ったじゃあないのぉ、と言う自分に、

いいよ大丈夫だよぉ、今から戻るのも渋滞で大変だからぁ、

また穏やかというかのんびりと出かけていった。

 

午前中は自宅バイト、入電が少ないからと残り2時間が嫌いなアウトバウンド業務、

なんというか生産性がないというか、

協力してくれる忙しい人たちのことを考えてほしいと、

現場をみていない机上の役職者たちに直訴したくなる。

 

15時過ぎには終わるので、と、大船出身杉並在住の尚ちゃん、

大船でのお父上の病院付き添い後、お茶にさそってくれる。

茶るら、にて、お茶とおしゃべり。

 

kcn-net.org

1966年昭和41年丙生まれの同歳で、出会ってから約30年、今年4月でお互い50歳。

20代の頃、尚ちゃんと自分と今は直木賞受賞作家のKさんと、

中野駅前広場でフリーマーケットに参加して、

その日の売上金で、銭湯へ行き、駅裏の福建という料理屋さんで、

ビールに腸詰、というのが定番だった、

バンドをやっている子、演劇をやっている子、

小説家の子、バイトをしている子、嘘つきな子、異性関係に甘い子などなど、

いろんな人たちがいて、お金にはならないけれど、

あの時期あの年齢でないと出来ない事をたくさんやったなぁと、今になって、懐想。

 

あれからずいぶんと時間がたちました、

今年は私、義理チョコ番長だったのよぉ、と、笑いながら話す尚ちゃん、

頼もしくなったなぁと、まぶしく感じる。

また、ここでこうやって、尚ちゃんと会いあの頃と同じように、

映画や芝居や食べ物などなどと、とりとめのない話ができることが、とてもとても、嬉。

 

茶るら前で尚ちゃんと別れ、帰宅途中、いつものお山、

尚ちゃんからもらったお土産、2つ。

 

https://www.instagram.com/p/BB526veTBne/

https://www.instagram.com/p/BB53S7BzBoP/