●くうそうあそぶ●-食走想遊ー

書きたくなった時、そのとき書きたいことなんでも。

【出】【走】11/22 全日本マスターズトライアル大会@真壁

11/22 全日本マスターズトライアル大会@真壁

 

 

マスターズトライアル20151122に関する想6。

http://www.shizenyama.com/event/kanto-event/10011

 

想1:セクション下見後。

ビギナークラス、テープ内フリーといってもこれを走れるのか???

エントリーをやめなさい!と諭してくれなかった誰かを恨む。

 

想2:大会開始前。

それでもエントリーしてしまったので、何しろセクションを出る事を目標にする。

 

想3:走り出す。

1LAP:どうしようと想いつつも、自分が行けるラインを必死にさがす、

2LAPそしてたまにクリーンなどがでたりして、

    生意気にも、あーしてやろう、クリーンをだそう、などと、想。

3LAP:不慣れ、セクション変化、体力不足、集中力低下、さらに時間に追われ、時間内完走が目標になる。

lap/sec  1 2 3 4 5 6 7 8  C 減点 

    3 3 0 2 0 3 3 2  2 16

 2    0 3 5 0 0 3 3 3  3 17

    5 5 0 2 0 5 5 1  2 25

              合計  7 56

sec1 

1.最初のターンで大きくまわりすぎ転倒しそうになるが、持ち直して 3

2.最初のターンをきっちり、上りでアクセルをあける 0 

3.轍が深くなった二つのめのターンを通過し、

 アクセルをあける場所がわるく滑りテープ外へ 5

sec2

1.2.連なる石のギャップを連続して越えられない 3

3.連続する石のギャップを足つきで行こうとする途中、石に跳ねられてバック 5

sec3

1.石の斜面上り、アクセルをあけ目標位置まで上る 0

2.1Lapめでアクセルのあけがたりないような気がして

  アクセルをあけるがその場所が悪くフロントが滑る 5

3.2Lapの反省で1lapめの感じで上る 0

sec4

1.最初の段差で足つき、次の連続する石で足つき 2

2.段差を越える事を意識してその後は丁度よい速度でクリア0

3.1LApめと同じ感じで 2

sec5

1.2.3 河原とアカデミーで何度も練習しているので、確実にいつも通り 0

sec6

1.2.滑る土の右ターン上り、最初の石手前で足つき、

   上り途中にある石の手前で足つき 2

3.1.2と同じ要領ですすみ、上り坂の上で転倒 5

sec7 

1.2.石の斜面途中にあるセクションで何しろ恐怖、

  最初の右ターンになる切り替えしポイントが近づかないと見えず、

  さらに石の段差がある右ターン、ここで足つき、そこからまた右、

  そこも滑る、足つきバタバタ 3

3.最初の右ターンをするがテープの外にでてしまう 5

sec8

1. 最後の出口付近で脚をつき、ちょんちょんと悪い癖 2

2. セクション前が混雑で気持ちと頭が混乱、難しいラインへ入ってしまい足つき 3

3. 1.2の反省から苦手の石の前で脚をつくが、最後のターンが想うようにできて、嬉。 1

 

●課題●

アクセルの使い方

125の乗り方、上りでクラッチを使わないというのは、よい場所できちんとアクセルをあけられている場合、

自分の場合、あける場所とアクセルの開け方が弱いので、半クラが必要になってしまう、

なので、アクセルの開け方をいろんな場所で試して練習すること。

石の通過

石があると、どうしようと凝視する癖がある、

じっとみると身体が固まって動かなくなってしまう、と、アカデミーでの匠校長からのアドバイス、

なので、越えていく、バイクを送って越えていくイメージでアクセルをあけ、

クラッチをきらないように、視線と気持ちをコントロールすること。

sec7

高さと石とで何しろ怖かった、が、まずは何しろこの場所を走って練習してみること。

 

●感想●

最初セクションを下見した時は、これは大変どうしよう、と、想。

けれど終わってみると、走ったことのない場所を走り、苦手が明確になる、

そして、練習だけでなく大会からも学ぶことがたくさんあるとさらに実感、

エントリーして本当によかったと想。

まだまだ無理といわれるのではなく、やってみたら、と、

機会ををあたえてくださったKHさんに感謝、ありがとうございました。

 そして今回のセクションとアカデミーでの復習、もっと真壁でのセクションを走ってみたいので、

12/6ど・ビキナー大会にエントリーすることに決める。

 

想4:どうにか完走。

途中、集中力低下で嫌になるが、まずは何よりも、楽しかった、と、想。

リザルトよりも、やっぱりステアを越えられるようになりたい!

真壁を走れるようになりたい!などという、現実を越えすぎている身の丈以上の妄想が、溢。

【速報】マスターズトライアル関東大会(マカベ戦)Result: トライアル日和

 

11/26現在、Mさんが撮影してくださった動画を拝見して、

↑↑↑↑ これでよくこんなことを言えるものだ、と自分に厭きれる、が、

そう想ってしまう自分がいるのだから仕方ない、10年かけて60歳までにステア克服を目標とする!

 

参加賞のモスバーガー3種

f:id:Wayofalongtrip:20151122090902j:plain

 

想5:そして、想。

身の丈で生きるが自分の素直な心持なのだけれど、

ここだけは少しふんばって良い意味での「無理」をしてみようかと、

そしてそんな自分は、ほんとうにほんとうにいくつになっても欲深い人間だと、想。

 

想6:最後に、一緒にトライアルをしてくださるみなさんに、感謝、

  ありがとうございました。