●くうそうあそぶ●-食走想遊ー

書きたくなった時、そのとき書きたいことなんでも。

【想】マジナイカノロイカ。

マジナイカノロイカ。

呪いか呪いか。

まじないorのろい?

 

 

いろいろとあまりにも頭にきたので、

今日こそ出ていいってやる、と、そんなことを思う。

 

 

 

 

それで、いろいろ準備をしようとしていたら、

暑いし右膝は痛いし、だんだん面倒くさくなってきて、

よしっ、まずは一筆啓上してやろう、と思う。

 

 

そして、早速、啓上してみる。

 

f:id:Wayofalongtrip:20140807090242j:plain

 

 


それから、家を出る前に???、鶏もも肉の賞味期限がせまっているので、

それを使ってしまわなければと、最後の晩餐・夫に鶏照焼き丼をつくる。

その鶏照焼き丼にラップをかけ、

そうだっ、と、その上に先ほどの一筆啓上をのせる。

 

夫はいつものごとく今日も深夜帰宅になるだろう、

帰ってきた彼は、いつも通り、夜ご飯がはいっているレンジ扉をあける。

そして、そこに、この一筆啓上をみつける。。。。。

あれっ、なんだろう?

しまった!!! あるいは、やった!!!
というか、なんだよ、またかよ。いい加減にしろ。などなど。

 

彼がどなんリアクションをするか、
人の気持ちを考えて行動しないさいという小さい頃からの教えは、
この際どうでもいいわけで、

既に出ていくのも面倒くさくなっているのに、

それでもそんな光景を勝手に想像してみる。

 

おもしろいので、ずーっとのせておく。

 

それからたぶん一筆啓上してから5時間くらい後、
マウスパッドの下に速やかに一筆啓上を移動する。


そして“今日も一日よく頑張った。”と、一人呟き、すっきりと熟睡したのでした。

 

 

そんな一筆啓上をしていた翌朝、
夫、優しいというよりも、むしろいつもより、かなり親切?丁寧?。

 

彼に何が起きたのかはよくわからないけれど、まあいいや。

とりあえず気持ちがすんだので、良しといたします。

 

一筆啓上はマジナイなのかノロイなのか????

そんなことなのでした。