読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

●くうそうあそぶ●-食走想遊ー

書きたくなった時、そのとき書きたいことなんでも。

【食】鎌倉市長谷・イドバタ珈琲

 

 

鎌倉市長谷・イドバタ珈琲●

 

長谷大仏のそばの、イドバタ珈琲。

 

珈琲を入れる所作と眼差しと、そして堅苦しくない丁寧さ。

さらに良い香りで居心地がよい。

Idobata Coffee from d on Vimeo.

 

 

ずっと眺めていたくなる風景なのです。

 

 

 

自分にとっての珈琲は、板橋区にある珈夢居。

 

f:id:Wayofalongtrip:20140726184912j:plain

 

 

喫茶店好きな母親が良く通っていたお店。

学校帰り、母親の水色のフォルクスワーゲンがとまっているのをみると、

“うちのお母さん、いますか???”とお店に入る。

 

 

 

マスターはバイク好きで、

自分が20代の頃、キャンプツーリングの帰りにはよく立ち寄って、

いろいろ話をきいてもらっていたわけで、

 私が、ゼファーのねえちゃん、と呼ばれていた時のこと。

 

 f:id:Wayofalongtrip:20140726184419j:plain

 

 

 

そのほかにも小さい想いがいろいろあって、

そして、いつも珈琲の良い香りがしていた、

もう30年以上前のこと。

 

 

 

そして、 あれからずいぶん時間がたちました。

今日この時、珈夢居さんのことをこんな風に書くなんて、

あの時の自分はまったく想像していなかったわけですが、

 

 

さてさて、そんなことを想いつつ、

2016年7月の現実に向き合いながら、

 

f:id:Wayofalongtrip:20140726071350j:plain

 

とりあえず、ドリップコーヒーでもいれることに、いたしましょう。